特定非営利活動法人

アジア眼科医療協力会

Association for Opthalmic cooperation in Asia

Eye Camp
 アイキャンプ活動

アイキャンプとは?

 アイキャンプとは、数少ない眼科医を有効に活用して、医療施設の無い地方の町や村にもその恩恵 を受けてもらうために、ネパールやインドで行われている開眼手術活動のことです。

 メンバー構成は、眼科医、医療助手、マネージャーなどからなる10人ばかりで、1~2週間と期間を決めて病院の無い地方に出向き、学校などの建物を借りて仮設の診療室や手術室、病棟を作り、外来診察や手術を行います。

 町や村では、主だった世話人たちが患者や医療チームの住居を確保し食料を提供し、地域のボランティアを集めてはじめられます。医療の全ては我々のような海外のNGOやネパールの赤十字・ライオンズクラブなどが負担し、患者は全て無料が原則です。

 現在ネパールでは推定失明患者は約15万人で、その内手術によって光を取り戻すことが出来る人々は10万人と言われています。今この瞬間にも僻地に住み、貧しさゆえに病院に行けない大変な数の人が失明の闇の中で生きています。ネパールのアイキャンプでは、眼内レンズや医薬品を含め、一人の白内障患者を手術するのに1,000円あれば足りるのです。

アイキャンプの変遷

 かつてアイキャンプでの白内障手術は、肉眼で行う水晶体全摘出術(水晶体を包んでいる袋ごと取り出す術式)を行っていました。しかし、日本の多くの皆様のご協力、ご寄付のおかげで顕微鏡下で眼内レンズを挿入する手術を行えるようになりました。また、ナラヤニ・アイケア・プロジェクトに代表される病院運営・支援により設備、医療技術が発展し、病院のある平野部でのアイキャンプは必要なくなり、病院のない山岳部のアイキャンプへと遷移していきました。

肉眼で手術を行っていた時代

肉眼で手術を行っていた時代

顕微鏡下眼内レンズ移植時代

顕微鏡下眼内レンズ移植時代

平野部から山岳部へ

平野部から山岳部へ

今後のアイキャンプ活動

 当会の活動にご賛同いただいた多くの皆様の支援により、1970年代には3人しかいなかった眼科医は、現在のネパールでは160人を超えました。この数は十分な数とは言えませんが、ネパール人の手で眼科医療の無いヒマラヤの山岳地帯にアイキャンプ隊を出せるまでになりました。そうしたことから、2010年6月に行われたAOCA総会にて、高いコストをかけて日本人医療チームを派遣する必要が無いと判断されました。今後はネパール人が行うアイキャンプ、他の団体が行うアイキャンプを支援していく方針です。また、インドダラムサラで行うアイキャンプについては必要性に変わりは無く、今後継続していくつもりです。

アイキャンプ総計データ
年度 キャンプ地 手術数 ボランティア
医師 看護師
1973

ジャナクプール

イナルワ

ゴール

745 10 18 51
1974

バドラプール

ネパールガンジ

マハントラナ

978 データなし
1980

バヤルバタ

ドルカ

356 3 2 1
1981 ダラン 153 3 1 2
1982 データなし 3 0 2
1983

ハリナガラ

ラジビラジュ

262 5 1 5
1984

バグダプール

パナウテ

ダン

355 3 3 4
1985

オラベリ

ヘトウラ

デオクリ

162 3 0 2
1986 ビルガンジ 212 5 0 2
1987

ドウビー

ダラン

153 2 0 1
1989

サリアン

ゴール

ビルガンジ

483 8 1 2
1990 ゴール 561 4 2 2
1991

バグダプール

ビラトナガル

パンチカル

775 6 4 5
1992

バグダプール

ビラトナガル

パンチカル

576 8 3 2
1993

ゴール

バンチカル

648 5 2 2
1994

ゴール

ルグウ

564 6 2 2
1995

ゴール

パンチカル

450 12 1 0
1996

マラングマ

ゴール

スルケット

タトパニ

ケディア

930 18 0 8
1997

チャリコット

ダマク

297 14 0 3
1998

チャリコット

ゴール

ケディア

284 9 1 3
2000

チャリコット

ダマク

フィテム

ダラムサラ(インド)

269 10 5 11
2001 ダラムサラ 58 4 0 0
2002

チャリコット

ダマク

ダラムサラ

254 12 4 1
2003

チャリコット

ボジュプール

ダラムサラ

262 13 1 8
2004

チャリコット

ボジュプール

ダラムサラ

236 5 1 2
2005

チャリコット

ダラムサラ

175 7 4 3
2006

チャリコット

ボジュプール

ダラムサラ

206 10 2 11
2007

チャリコット

ボジュプール

ダラムサラ

207 16 4 7
2008

サリヤン

ダラムサラ

286 9 4 4
2009

タムガス

ダラムサラ

208 11 4 7
2010 ダラムサラ 43 5 2 3
ダラムサラアイキャンプ
■ダラムサラについて

 ダラムサラはインド北西部、ヒマチャル・プラデッシュ州のカングラ県にあるインドとパキスタンの国境に近いヒマラヤ山脈西部の標高約1200~2000mの南斜面に位置し、14世ダライ・ラマ法王が1959年チベット本土からこの地に亡命しました。ダラムサラにはチベット亡命政府の各省庁が設置されています。また、文化人類学的にも貴重なチベット関連の歴史資料や仏教経典が数多く保管されているチベット文化の保存かつ継承の上で大切な場所です。

■ダラムサラアイキャンプの活動背景

 初期のアイキャンプ活動では「波百流」主導の下、AOCAから眼科医を派遣し医療協力を行いました。2002年に長期派遣された柏瀬医師が、眼科助手の検眼技能の向上、寄贈したA-modeスキャンを用いた術前眼軸長測定のルーチン化などチベット人眼科助手の教育を行いました。日程も12月25日からの5日間に設定していましたが、第11回(2010年度)からは、より参加しやすいアイキャンプとするため、12月28日からの4日間と固定化されました。

 2004年に「波百流」が眼科医療支援から撤退しました。AOCAはダラムサラアイキャンプ事業を引継ぎ、これまで「波百流」が中心として行われていた現地との交渉などを直接行うことになりました。アイキャンプを継続する以外にも必要に応じて眼科医療機器をDelek病院、Zonal病院に寄贈しました。今後はダラムサラ内にある二つの病院間の連携強化を図ると共に、後方支援病院であるZonal病院の眼科医療レベルの向上が必要であると考えています。

ダラムサラの地図

外来風景

▲ページのトップへ

問い合わせ先:〒663-8104 兵庫県西宮市天道町7-10 
TEL 0798-67-3821 FAX 0798-67-3823 E-mail info@aoca.jp

copyright © 2003 Association for Ophthalmic Cooperation in Asia, All rights reserved.